スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観る フェブラリーS その2

【フェブラリーS(G1)】 東京ダート1600m


スーニ→ポジティブ
*前走根岸S(G3)東京ダート1400m 4着
道中ガツンと掛かり、抑えがきかずに上がっていてしまう。
直線後続の馬が差を詰めてきて
一気に抜かれるかと思ったが、これが粘る。
最後まで諦めないで走っていた。
有馬記念は差しにまわるだろうから、
折り合いがついて脚が溜まると有馬記念では怖い存在。
→7人気9着



ワイルドワンダー→イーブン
*前走根岸S(G3)9着
スタートで出遅れる。
有馬記念でうまくインを立ち回ったが、直線はなだれ込んだだけ。
3走前の武蔵野S(G3)3着もインを回っての好走で、
レース内容は一息だ。
コース適性が抜群で穴臭さはあるが、有馬記念はどうか。
→12人気13着



オーロマイスター→有馬記念で3着。ジワジワと平均的な伸び。
→取り消し




ダイショウジェット→前走平安S(G3)4着。見た目平凡。ただし、3走前の
武蔵野S(G3)での直線の伸びは1頭だけ目立っていた。
→10人気6着



ミリオンディスク→前走根岸S(G3)6着。有馬記念の内容くわしくは省略するが、
かなりいい。が、G1有馬記念は距離が問題。
→11人気11着



サクセスブロッケン
*前走東京大賞典(G1) 大井ダート2000m 1着
道中は掛かり気味で口を割って走っていた。
直線先頭に立ったヴァーミリアンに残り100m付近で並びかけ
2頭の叩き合いになる。
粘るヴァーミリアンをゴール寸前で差しきった。
最終コーナー付近での手応えは最近の中では一番良い。


8ヶ月近いブランクから今回が叩き5戦目。
レース内容が良化し、フォトパドックから見る馬体は 絶好。
デキはピークだ。
また520キロを超す馬体だが、むきむきマッチョという感じではなく、
引き締まったシャープな体つきをしている。
よって、力のいる馬場よりも有馬記念のような
軽い馬場の方が合っている。
→2人気3着(6.4倍)



最後に芝からの参戦組について
これはレース内容を確認する必要もないし、
するだけ時間の無駄だと思っている。

なぜなら芝とダートは全く別もの、畑違いのレースだからだ。

そして問題なのはダート適性がある云々ではなく、
ダートレースの経験が無いということ。
善戦しても3着が限界だろう。
→レッドスパーダ 3人気12着
 リーチザクラウン 4人気10着
 ローレルゲレイロ 8人気7着
 ザレマ 13人気14着



コメント

非公開コメント

更新情報
小倉の馬券師Tのブログ
小倉の馬券師Tのブログは こちらに 引っ越しました。

links(あいうえお順)
伝説のメルマガ
プロフィール

小倉の馬券師 T

Author:小倉の馬券師 T
競馬研究歴10年以上。
馬なり好調教データなど独自
データ収集に注力。

趣味のデッサンで培った観察力
を武器にレース内容を分析。
単勝1点予想を公開中
*予想はメルマガにも記載。
*2010年回収率 128%
*2011年回収率 123%

有馬記念は全力投球します。

競馬道(t×4+iの見解)

左i氏、右ツカペリ氏

カテゴリ
人気ブログランキング順位
FC2カウンター(ユニーク数)
人気ブログランキング(競馬)

1位 オーナーサイダー
2位 TAROの競馬
3位 究極の穴馬情報
4位 社台のオキテ
5位 軸馬発表ブログ

最新記事
JRA
携帯でも閲覧可
QR
RSSリンクの表示
フリーエリア

競馬ブログ検索エンジン「うまりんく」

フィードメーター - 有馬記念 夢2012


seo great banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。