スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎ヤマニンエルブ→◎ゲシュタルト【セントライト記念】

第64回セントライト記念(G2)中山競馬場芝2200m

ヤマニンエルブ
****【前走1000万下 新潟芝2200m】 1着
3番手の馬に10馬身以上の差をつける
大逃げに近い形。
有馬記念の4コーナーで差を詰められるが
直線で再び突き放した。
最後の数十mは抑える余裕。
[手応え]★★★★
[反応#]★★★★*
→前走映像(7番橙)

有馬記念は格が違うレース内容。
最後は抑えて2着馬に7馬身、3着には10馬身の差をつけた。
大逃げでそのまま残った訳ではなく
一旦は差を縮められ、直線で突き放したのだから
これは圧巻と言える内容だった。
かなりの大トビで首の長い馬体。
そして父はサッカーボーイ。
スタミナ豊富なステイヤータイプだろう。
カーブがキツい内回りコースなら狙いづらいが
外回りなら問題ない。
またゲシュタルト同様、叩き付けるようなパワー型の走法なので
有馬記念の中山急坂もこなせるはず。
スタミナが要求されるこのコースなら逃げ残りの可能性は十分。
→3人気2着



ゲシュタルト
****【前走有馬記念(G1)中山芝2500m】 4着
4コーナーで先頭に並びかけ(コーナー4頭分外)
有馬記念残り400mから激しく追われる。
200mあたりでグッときかけたが
外の2頭が鋭い脚で一気に突き抜ける。
それでも最後まで粘りは十分。
[手応え]★★★*
[反応#]★★★★
→前走映像(13番橙)

有馬記念はレースの上がりが33,4秒と
末脚の切れと持続力の勝負になった。
母父エンドスウィープの影響か
叩き付けるようなパワー型の走法で
前走のような長い直線で速い脚を求められると
少々つらい。

中山コースに関しては有馬記念7着の内容は良く
ガッシリとした太い首差しの馬体から
前走の東京よりは向くと判断できる。
*追記09月19日2:30
◎ヤマニンエルブにしていましたが前走が残り2ハロンだけの
緩い競馬で、今回単騎逃げ濃厚も厳しい流れが想定される中
斤量+3キロでは勝ちきるまでは難しいと判断し、
◎本命をこの馬に変更しました。
→1人気(4,0倍)14着

コメント

非公開コメント

更新情報
小倉の馬券師Tのブログ
小倉の馬券師Tのブログは こちらに 引っ越しました。

links(あいうえお順)
伝説のメルマガ
プロフィール

小倉の馬券師 T

Author:小倉の馬券師 T
競馬研究歴10年以上。
馬なり好調教データなど独自
データ収集に注力。

趣味のデッサンで培った観察力
を武器にレース内容を分析。
単勝1点予想を公開中
*予想はメルマガにも記載。
*2010年回収率 128%
*2011年回収率 123%

有馬記念は全力投球します。

競馬道(t×4+iの見解)

左i氏、右ツカペリ氏

カテゴリ
人気ブログランキング順位
FC2カウンター(ユニーク数)
人気ブログランキング(競馬)

1位 オーナーサイダー
2位 TAROの競馬
3位 究極の穴馬情報
4位 社台のオキテ
5位 軸馬発表ブログ

最新記事
JRA
携帯でも閲覧可
QR
RSSリンクの表示
フリーエリア

競馬ブログ検索エンジン「うまりんく」

フィードメーター - 有馬記念 夢2012


seo great banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。