スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬記念 考察

12/20 有馬記念記事、映像追加
12/19 愛知杯予想更新
→◎セラフィックロンプ 6人気(13,9倍)1着!
12/18 朝日杯フューチュリティS予想更新
→◎グランプリボス 5人気(14,6倍)1着!
→F氏の予想

arima4.gif
↑過去20年の有馬記念を徹底分析した
『有馬記念必勝の書』"無料"配布中!

詳細はこちら


2010年 第55回有馬記念考察
随時情報を追加
→出走馬一覧+追い切り情報


グランプリ有馬記念のファン投票で
2位のローズキングダムに2万5千票以上の差をつけて
1位になったブエナビスタ。


前走のジャパンカップは長い審議の末、降着になったものの
快勝と言えるレース内容でした。


ただ斜行については少し苦しくなった分が
あったのかも知れません。

パトロールフィルムで確認すると
大外からかなり内に切り込んでます。


→ジャパンカップ映像
ブエナビスタ(16番桃)221153-251354.png
ローズキングダム(6番赤)221153-251354.png
ヴィクトワールピサ(2番白)231554-111540.png
ペルーサ(7番青)162567-252340.png
オウケンブルースリ(14番橙)112240-221142.png
エイシンフラッシュ(10番黄)112254-222567.png


2走前の天皇賞秋は残り200mであっという間に
先頭に立って押し切る強い内容でした。


去年の有馬記念ではハイペースを先行しながら
直線一旦先頭に立つ積極的な競馬で2着。


牝馬は不利とされる有馬記念でも十分やれるところを
見せています。


(降着を無視して)過去20年、天皇賞秋1着→ジャパンカップ1着
と連勝してきた馬の有馬記念成績は【2-1-0-0】。

1着だったのがゼンノロブロイとテイエムオペラオー。
2着だったのがスペシャルウィークとなっています。


ブエナビスタの父はスペシャルウィーク。
中山芝2500mにおけるスペシャルウィーク産駒の成績は
【0-4-1-19】とまだ勝ち星はありません。



追記 ローズキングダム号は疝痛の為有馬記念を取り消し
ファン投票2位の3歳馬ローズキングダム
前走ジャパンカップの優勝は繰り上がりという
形にはなりましたが、

直線の不利が無ければ確かに際どかったような気もします。
→ジャパンカップパトロールフィルム


ここ数戦はずっとスローペースの好走が続いており
有馬記念で多い消耗戦となった時、踏ん張れるかが課題です。


今年は逃げ馬が不在なので、この馬向きの流れになる
確率は例年より高いでしょう。
(先行馬も少ない。)


負けたレースでも全て勝ち馬から0,2秒差以内
安定感は抜群ですね。



昨年の有馬記念の覇者ドリームジャーニー。
今年に入ってからはそこそこ走ってくるものの
やや決め手を欠くレースが続いています。


ただ前走は直線に向くまで手応え良く
コーナーを上がってこれたし
いつ差し切ってもおかしくない感じで
復調を感じさせるレース内容でした。


また出遅れた上、
420キロ台の小柄な馬体に59キロの斤量
最後の決め手に影響を及ぼした可能性はあります。

→オールカマー映像(3番赤)221153-251354.png


コーナーワークが上手く、ピッチ走法の馬。
今回も大外から捲る競馬が予想されます。



皐月賞馬ヴィクトワールピサ
前走ジャパンカップを先行して3着。

残り100m付近まで先頭で
2着には残りそうでしたが
最後にローズキングダムに差されました。


凱旋門賞に挑戦(7着)したのはそれだけ
陣営の期待が大きかったからでしょう。


その凱旋門賞では直線18頭が団子状態になって
馬群に囲まれ
残り300mからの仕掛けとなりました。


最後はジリジリとですが差を詰めています。

→凱旋門賞映像(19番)231554-111540.png


3走前のニエユ賞(4着)は一旦最後方まで下がりながら
直線では持ったまま先頭に並びかける競馬。

最後は伸び切れませんでしたが悪くはなかった。


弥生賞、皐月賞とインの狭い所を割ってきたように
器用さはあります。



同じく3歳馬のペルーサは前走ジャパンカップで
殿から33,5秒の上がりを使って5着。


近走は出遅れるのがあたりまえのように
なっているのが玉にきずではありますが。
(4戦連続出遅れ。)

しかし青葉賞を軽く圧勝したように能力は高い。
→青葉賞映像(2番白)162567-252340.png


最近ゲート練習では好スタートを
決めているらしいですけどね。


全8戦中、7戦を東京コースで使われており、
中山コースは初経験。

ドッシリと雄大な馬体の持ち主だけに
小回りコースへの対応が鍵を握っていると思います。

有馬記念2011とは相性がいい藤沢厩舎の管理馬。



オウケンブルースリのここ2走の走りを見ると
まだ本来の切れにはほど遠い印象を受けます。

ただ長期休養明け3戦目で上昇の余地はある。


ペルーサ同様中山は初めてですが、明らかに胴長の馬体から
器用さは感じられません。
勝負所でモタつく可能性はあります。



レッドディザイア。
前走はアメリカに遠征して
牝馬限定のブリーダーズカップで4着でした。


中段の6番手を追走して
コーナーで早めに上がっていく積極的な競馬をしましたが
伸びきれませんでしたね。

でも悪くはなかった。
→BCフェリー&メアリターフ(10番赤)112361-252340.png



メイショウベルーガ京都外回りコースがベストで
直線急坂がある中山の有馬記念はどうでしょうか。


今年のダービー馬エイシンフラッシュ。
前走のジャパンカップは得意なはずの瞬発力勝負で
8着でした。

先行して折り合いを欠いた為
今回は差しに回る作戦でいくと思われます。
追記 陣営はハナを切ると宣言しているようですね。


大トビの走法で有馬記念の中山コースに替わるのは
プラスとは言えないでしょう。

追い切りは前回同様力強くて活気のある動き。
デキ自体は問題は無いと思います。

→日本ダービー映像(1番白)112254-222567.png



ルーラーシップも大トビですね。

ずっと注目して見ていますが
エンジンが掛かるのが遅いので
直線の長いコースの方が合っているとは思います。

兄フォゲッタブルと兄弟で出走。



今年のNHKマイルカップを制したダノンシャンティ
有馬記念か京都金杯のどちらかを予定。
状態を見ながら決めるとのこと。

追記
有馬記念出走が確定。

かなり筋肉質な馬体で
やはり距離の克服と休み明けが課題となります。



トゥザグローリー。
前走は小倉で行われた中日新聞杯で1着でした。

中段のインを追走していましたが
スローと見たデムーロ騎手が
一気に早め3番手まで押し上げる競馬で粘り勝ち。


2着馬に1馬身半、
3着馬には4馬身以上の差をつける快勝でした。

ただ上がり3ハロンのラップを見ると
33,9秒で、最後の1ハロンが11,1秒。


後方にいた馬や外を回った馬は
とても勝ち目がない展開で
外を回らずインから上がっていけたこの馬は
恵まれた部分があります。

→中日新聞杯映像(1番白)142341-231140.png


母はエリザベス女王杯1着、ドバイワールドカップ2着の
トゥザヴィクトリー。
2001年の有馬記念では3着でした。



そのトゥザグローリーをアイルランドTで破ったのが
現在3連勝中のトーセンジョーダン。

この時は直線最後にトゥザグローリーがくると
もう一伸びして勝ったように根性がある。


爪の状態が良くなってから本来の力が発揮できるように
なってきました。


前走は少し距離の不安もありましたが
大丈夫でしたね。
前胸厚くてパワーのある走法です。



良血馬フォゲッタブルの前走はステイヤーズS5着。

途中で外から抑えきれない感じで上がっていき
好手応えのまま直線一旦先頭に立つ積極的な競馬でした。


仕掛けが早すぎた感がありましたが
その割にバタッとは止まらなかった。

人気が落ちる有馬記念では穴で面白いかも知れません。

→ステイヤーズS映像(4番赤)221351-152567.png



ネヴァブションも前走ステイヤーズSに出走し
結果は3着でした。

中山コースは5勝(うちG2 3勝)と最も得意にしており、
近走はG1、G2レースで安定して走ってきている。


前走は本命にしましたが
グッとくるシーンは無かったです。
最後までバテないといった感じでした。



同じくステイヤーズS出走のジャミール。
父ステイゴールドに似たのか、決め手の甘い部分があります。

直線で早目に抜け出して1頭になるとソラを使ってしまう。


スタミナがあって中山コースも向きますが
地力的なことを考えると良くて3着まででしょうか。


ここまで読んで頂きありがとうございました。

最後に今年一年ブログを見てもらったお礼として
私、小倉の馬券師Tから皆さんに
ささやかなプレゼントがあります。


それは過去20年の有馬記念を徹底的に分析した
『有馬記念必勝の書』(無料)です。



これはPDFファイルで作成した無料レポートですが
悪戦苦闘しながら、納得がいくまで
何度もやり直しました。



かなり気合いを入れてようやく完成したものなので
皆さんにも真剣に見て欲しいです。



何か好きな飲み物(ペットボトル)でも用意して
落ち着いた所でじっくりご覧になることを
おすすめします。

きっとあなたの心強い味方になることでしょう。


他の競馬ファンが素手、もしくは旧式の武器で挑む中
あなたは最新の武器(必勝の書)を持って優位に勝負する
ことになります。



有馬記念はコーナー6つを回る小回り中山コースで
直線が短く、最後は急坂とかなり特殊なレースです。


こういう特徴のあるレースほど
過去の傾向をしっかりと把握することが
的中への一番の近道だと思います。



それからプラスアルファとして小倉の馬券師の現時点での本命馬
を今だけダウンロード完了ページにそっと記載してあります。
(有馬記念の予想は一般公開しない予定です。)



ちなみに先週の予想は
朝日杯フューチュリティS
◎グランプリボス5人気(14,6倍)1着

愛知杯
◎セラフィックロンプ6人気(13,9倍)1着と好調でした。
(予想はメルマガにも記載)


現在ブログで公開した全予想のトータル◎単勝回収率は
126%となっています。

有馬記念的中でしっかりと2010年を締めくくりましょう!

arimamihiraki3.gif
ブエナビスタ大ピンチ!?
『有馬記念必勝の書』
(PDFファイル17ページ)
"無料"配布中です!

↓↓ ↓↓
こちらからダウンロード
*携帯の方は簡易版。


*メルマガ読者の方へ
土曜のラジオNIKKEI杯2歳Sは十分な時間が取れず
納得のいく予想が出来ない為、お休みさせて頂きます。

注目馬は前走余力ありだったウインバリアシオンです。

トラックバック

URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

有馬記念 展望 その1 【血統+データで狙える父サンデー系】

敗戦阻止率9割超の近代馬券術で有馬記念をゲット! トラコミュ 血統予想やってます第55回 有馬記念(グランプリ)(GI)2010有馬記念のサイン予想!! 近年の有馬は圧倒的に父サンデー系強し ...

有馬記念 予想

有馬記念、今年最後のJRAの重賞G1レース。 2010年を締めくくる大一番です。 ファン投票第一位のブエナビスタを筆頭にそうそうたるメンバーです。 特に今年は3歳馬の勢いもあり、なんと6頭も出走です。 残念なのはローズキングダムの回避でしょうか。 本命を打ち…

コメント

非公開コメント

更新情報
小倉の馬券師Tのブログ
小倉の馬券師Tのブログは こちらに 引っ越しました。

links(あいうえお順)
伝説のメルマガ
プロフィール

小倉の馬券師 T

Author:小倉の馬券師 T
競馬研究歴10年以上。
馬なり好調教データなど独自
データ収集に注力。

趣味のデッサンで培った観察力
を武器にレース内容を分析。
単勝1点予想を公開中
*予想はメルマガにも記載。
*2010年回収率 128%
*2011年回収率 123%

有馬記念は全力投球します。

競馬道(t×4+iの見解)

左i氏、右ツカペリ氏

カテゴリ
人気ブログランキング順位
FC2カウンター(ユニーク数)
人気ブログランキング(競馬)

1位 オーナーサイダー
2位 TAROの競馬
3位 究極の穴馬情報
4位 社台のオキテ
5位 軸馬発表ブログ

最新記事
JRA
携帯でも閲覧可
QR
RSSリンクの表示
フリーエリア

競馬ブログ検索エンジン「うまりんく」

フィードメーター - 有馬記念 夢2012


seo great banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。