スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファルコンS

ファルコンS(G3)芝1200m


エーシンダックマン
***【前走あざみ賞(500万下 )芝1200m】 1着(-0.7秒)
無理せず先手取る。
有馬記念の直線に入った時点でリードが3馬身あり、
突き放したというより、そのままゴールした感じ。
ボコボコの馬場状態で伸びて来る馬はおらず、
隊列もほぼそのままだった。
したがって有馬記念の圧勝をそのまま信用することは
できないが、楽に先行できるスピードは魅力的だ。
→1人気15着



ジュエルオブナイル
***【前走紅梅S(OP)芝1400m】 3着
いいスタートから無理無く先行し、
有馬記念は外目を追走。
コーナー手応えは良く
直線も追い出しを我慢できた。
その割には有馬記念では追われてから案外な感じもした。
→3人気9着



サリエル
****【前走500万下 ダ1200m】 1着(-0.6秒差)
スタート直後は芝だったが楽に先行
道中も楽。
いい手応えで有馬記念の直線に入り、力強くグングン伸びた。
最後の数十メートルは手綱を押さえる余裕も。
かなり良い内容。


4走前の小倉2歳S(G3 芝1200m4着)は外を回り過ぎていたし、
終いの伸びは目立っていた。


有馬記念でも善戦できるのでは。
→5人気3着



カホマックス
***【前走クイーンC(G3 )芝1600m】 10着
道中掛かっていたし、距離も長かった。
2走前の有馬記念は残り200mまで
追い出しを我慢し、100mまでは先頭という悪く無い内容。
過去に大逃げを打ったりするなど、スピードのある馬で
この有馬記念で変わる可能性がある。
→13人気13着



エーシンホワイティ
**【前走シンザン記念(G3)芝1600m】 7着
スタートでやや追っ付けるも進んで行かず。
有馬記念では外の馬に少し挟まれるシーンがあった。
それでもまずまず伸びてきており、悪く無い内容。
→4人気1着



エスカーダ
*【前走クロッカスS(OP)芝1400m】 8着
割と楽に先行。
直線残り200mで脱落した。
→11人気6着



ドリームフォワード
**【前走つわぶき賞(500万下)芝1200m】 1着
有馬記念は常に軽く追っ付けている状態。
直線2番手から少しずつ差を詰めて逃げ馬をかわした。
そこそこ。
→7人気14着



セイウンオウサム
*【前走500万下 芝1200m】 1着
最終コーナーの手応えは良くなく、
直線もジワジワと。
勝つには勝ったが、ダイヤモンドSはあまりいい内容とはいえない。
→8人気10着



ツルマルライダー
***【前走寒桜賞(500万下)芝1400m】 1着
スタートで軽く気合いをつけられて先手。ただしダッシュ力はある。
直線早めに並ばれ、いつ差されてもおかしくない感じだったが
抜かれそうで抜かれなかった。
多少見所がある有馬記念の内容。
→14人気12着



◎推奨は↓この馬



ダッシャーゴーゴー
****【前走朝日杯フューチュリティS(G1)芝1600m】 12着
スタートで少し追っ付ける。
直線は前が壁で追えなかった。
そして最後で一気にバテた。


2走前(京王杯G2 4着)は直線半ばまではグイグイ伸びてきて、
勝つかと思わせるほどの好内容だった。
3、4走前もまた好内容。
やはりサクラバクシンオー産駒なだけに
この距離でこそ力を発揮する。


また今週の調教では騎手の合図に
鋭く反応し、力強い動きを見せていた。
→2人気4着


コメント

非公開コメント

更新情報
小倉の馬券師Tのブログ
小倉の馬券師Tのブログは こちらに 引っ越しました。

links(あいうえお順)
伝説のメルマガ
プロフィール

小倉の馬券師 T

Author:小倉の馬券師 T
競馬研究歴10年以上。
馬なり好調教データなど独自
データ収集に注力。

趣味のデッサンで培った観察力
を武器にレース内容を分析。
単勝1点予想を公開中
*予想はメルマガにも記載。
*2010年回収率 128%
*2011年回収率 123%

有馬記念は全力投球します。

競馬道(t×4+iの見解)

左i氏、右ツカペリ氏

カテゴリ
人気ブログランキング順位
FC2カウンター(ユニーク数)
人気ブログランキング(競馬)

1位 オーナーサイダー
2位 TAROの競馬
3位 究極の穴馬情報
4位 社台のオキテ
5位 軸馬発表ブログ

最新記事
JRA
携帯でも閲覧可
QR
RSSリンクの表示
フリーエリア

競馬ブログ検索エンジン「うまりんく」

フィードメーター - 有馬記念 夢2012


seo great banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。