スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神牝馬S

阪神牝馬S(G2)阪神1400m


ラドラーダ
****【前走ユートピアS(1600万下)東京1600m】 1着
直線はインを突く。
前が壁だったが、ジッと追い出しを我慢し、
残り180mから仕掛ける。
追ってからの反応が素晴らしく、
まだ余力を残したままの有馬記念勝利
だった。


母レディブロンドはデビューから5連勝で
G1有馬記念に挑み、4着で引退した素質馬。
叔父はあのディープインパクトとかなりの良血。
8戦全て連対というのも凄い。
→1人気6着


アイアムカミノマゴ
***【前走オーロラカップ(OP)東京1400m】 1着
コーナー手応えはまずまず。(内5頭分外)
直線向いた時には最後方だったが
有馬記念でぐいぐい伸びてきた。
2着のアーバニティが一瞬抵抗すると
更に伸びて振り切った。
→9人気1着



デリキットピース
**【前走有馬記念(グランプリ)中山1600m】 4着
コーナー手応えは早めムチで良くはない。(内2頭分外)
直線でずらして大外へ。
よく伸びてはいた。
→7人気12着


ヒカルアマランサス
**【前走京都牝馬S(G3)京都1600m】 1着
最後方から。コーナー手応えは普通。(内4頭分外)
有馬記念は先行集団からはかなり離れた外
から強襲して差し切った。

インの馬場はだいぶ荒れており
まったく荒れてない外を通ったデムーロJの
好騎乗が大きかったように思う。
→3人気13着



ワンカラット
****【前走阪急杯(G3)阪神1600m】 2着
気性プンプンの走りだがコーナー手応え良し。
直線一旦先頭に立って追いまくる。
中山の有馬記念は3着馬サンカルロに差されてようにみえたが
ハナ差残っていた。
勝ったエーシンフォワードは次走G1有馬記念で
3着、サンカルロは4着とメンバーレベルは高い。


2走前の京都牝馬S(G3)は前が壁で直線残り200mまで
追うことができなかったが最後は差を詰めている。
→2人気9着


◎推奨は↓この馬



ベストロケーション
****【前走京都牝馬S(G3)京都1600m】 2着
好スタート。
最終コーナーを押さえきれない手応えで先頭に並びかけ
直線に入ってからも持ったまま。
騎手が後ろを確認しつつ、追い出したのは
残り200mを過ぎたあたりから。
離れた外のヒカルアマランサスに差し切られたが
内と外では馬場の荒れ具合がだいぶ違っていた
(同馬が通った内は荒れていた。)


2走前の1600万条件は楽に勝っている
重心が低く首を使った素晴らしいフォーム
血統も良く個人的に楽しみにしていた馬。
ずっと短距離を使われていたので
この距離になるのはプラスだ。


今週の調教では併せ馬で闘争本能むき出しの走り
休み明けだが仕上がりはいい。
→6人気8着


サイン流F氏
「第53回サンスポ杯阪神牝馬ステークス

3番サンクスノート
スリーソウツ
前走オーシャンSで、勝った3番キンシャサノキセキに0.秒差の7着。

3づくしで、穴に一考。」

コメント

非公開コメント

更新情報
小倉の馬券師Tのブログ
小倉の馬券師Tのブログは こちらに 引っ越しました。

links(あいうえお順)
伝説のメルマガ
プロフィール

小倉の馬券師 T

Author:小倉の馬券師 T
競馬研究歴10年以上。
馬なり好調教データなど独自
データ収集に注力。

趣味のデッサンで培った観察力
を武器にレース内容を分析。
単勝1点予想を公開中
*予想はメルマガにも記載。
*2010年回収率 128%
*2011年回収率 123%

有馬記念は全力投球します。

競馬道(t×4+iの見解)

左i氏、右ツカペリ氏

カテゴリ
人気ブログランキング順位
FC2カウンター(ユニーク数)
人気ブログランキング(競馬)

1位 オーナーサイダー
2位 TAROの競馬
3位 究極の穴馬情報
4位 社台のオキテ
5位 軸馬発表ブログ

最新記事
JRA
携帯でも閲覧可
QR
RSSリンクの表示
フリーエリア

競馬ブログ検索エンジン「うまりんく」

フィードメーター - 有馬記念 夢2012


seo great banner
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。